【結果・全ネタ感想】R-1ぐらんぷり2018決勝戦(ネタバレあり)

R-1ぐらんぷり2018決勝戦の感想!
今年も面白いネタばかりでしたー!

全ネタ感想

Aブロック

ルシファー吉岡(1ポイント)

トップバッターは三年連続決勝進出のルシファーさん!
お茶の間的に気まずいテーマだったかもしれませんが笑、とても真っ当な一人コントだったと思います!面白かった!やっぱりこういうしゃべり一本で勝負する一人芝居とか漫談は見ていてすごいなと思います。
無駄にリアルなフォルダ構成とか、デリケートなテーマなのに何となくほっこりするような雰囲気とか、見ていて楽しいコントでした。トップバッターじゃなかったらどうだったんだろうなぁ~。
「無修正というフォルダの中に、女性のセクシー画像が入っていたとしたら、今日も我が家は平和です!」

カニササレ アヤコ(3ポイント)

個人的に、今年のR-1の中で一番好きだったネタでした!
あの姿と声のトーンで「モノマネをします」って言うだけでもうめちゃくちゃ面白い。越天楽の手移りに失敗するという、素人にはわかるはずもない雅楽奏者 東儀秀樹のモノマネ。やっぱり「続きまして」って言うだけでも面白い笑 二つ目の「千、乙、一、行、七、凢…」とかいうめちゃくちゃ長いフリに対する音色の短さよ。笑 とはいえこのまま続けたら少し飽きるかな…?と思ったところに「参ります…ショートコント 島流し」笑 「いや、褒美褒美~」の力の抜けたセリフもめちゃくちゃ面白かったです!全体を通して、声のトーンがうますぎる笑
と、非常にクセになるネタでした。ファイナルステージでもう一ネタ見てみたかった~。

おいでやす小田(6ポイント)

三年連続決勝のおいでやす小田さん。尾崎VSホテルマン の戦いが面白かったですね。笑
「はじけろ!怒りのボルテージ」のキャッチフレーズ通り、尾崎に対して怒りまくってましたが、ちょっとブチギレすぎじゃないか?笑 って印象でした。テレビとかシャワーとかの前にもしょうもない電話よこしまくってたんだろうか笑
3mmのシミは見つけるのにドライヤー見つけられないところと、暖房で蒸し焼きにしようとするところが面白かった笑
生で見るほうがより面白そうな、熱量の多いネタでした。
宮迫「怒りで声がカスカスなってましたね」

おぐ(11ポイント)

煽りVTRでも散々ハゲ呼ばわりされていたおぐさん。女子高生がハゲたおじさんと入れ替わってるというツカミのネタ晴らしで気持ちよくウケてましたね!「ちょっと触っただけでめちゃめちゃ毛抜ける…犬じゃん!…春先の犬…」という女子高生(?)の嘆きが絶妙でした。笑
見終わった直後はおぐさんが突破!?て思ったけど、確かにこのブロックでは一番手数が多くて笑いの総量が多かったかもしれませんね。堂々のファイナルステージ進出です!!

Bブロック

河邑ミク(0ポイント)

演技派の一人コント師、河邑ミクさん!声や仕草の切り替えがすごすぎて恐ろしかったです…!笑
序盤から、レンタル彼女のネタばらしと「星をお星さまと呼ぶオプション」でかなり観客をつかんでいたと思います!個人的には、延長の誘いが10万円になったときの「ゆうくん!!」と、しばらく間があってからの「…また会えたね」がツボでした笑 演技力も間の使い方もめちゃくちゃ達者な方ですね~。
二本目も気になったけど、残念ながら敗退、、0票だったけど個人的にはこのブロックで一番面白かったです!

チョコレートプラネット長田(10ポイント)

小道具自作芸人、チョコレートプラネット長田さん。
キングオブコントのポテチネタでもそうでしたが、ほんとに色々よくわからないメカを作ってきますね。笑
「安全安全バーをディメイティッドしてください」「ディメイティッド分からないですー!」が面白かった笑 チョコプラはこういうワードつくるのホント上手いと思います。拷問ネタの「けこつそぎり」とか笑
ポイントはなんとゆりやんレトリィバァと同点!この場合お茶の間投票のポイント数が上の方が勝ち上がるようで、勝者はゆりやんに。惜しかった!!

ゆりやんレトリィバァ(10ポイント)※お茶の間ポイント数で勝利

4年連続決勝進出のゆりやんレトリィバァ。
毎年表現力に圧倒させられますが、今年のネタもすごかった!「昭和の映画にでてきそうな女優」、声色やセリフ回しがリアルすぎる。ほとんど「ひどいわ、先生」「あたしも連れてって」「あらやだ、私が何もできないただのお嬢様だと思ってるんでしょ」の繰り返しだけのネタですが、上手すぎて笑えてくる。笑 長田さんの同ポイントでしたが、お茶の間を味方につけ見事ファイナルステージへ進出です!

霜降り明星せいや(1ポイント)

復活ステージ2位通過は霜降り明星せいやさん!ネタは「せいやの何なんじゃそりゃ」。
ネタ自体はほんとに「なんだそりゃ」っていう謎のギャグや小話の詰め合わせでしたが、ブリッジの「何なんじゃ、そりゃ!チーン」のリズムが妙にクセになる感じでした。ハマれば強そうだし、生で見たら笑ってしまうんだろうな~。関係ないけど、あれだけ叫んで動いて全然息切れしないの凄い。笑
このブロックはレベル高かったので、敗退も仕方ないですね~。。

Cブロック

濱田祐太郎(8ポイント)※お茶の間ポイント数で勝利

注目の、盲目の漫談師、濱田祐太郎さん。
宮迫さんもコメントしてましたが、はっきりとしゃべり上手いですね!!
目が見えない自分の周りで起こった出来事をネタにするという、唯一無二の漫談を聞かせてもらえました。「濱田ってダーツやらへんの」「濱ちゃんって車運転したことある?」などなど、、普段の会話からツッコんでばっかりなんでしょうね。笑 「視覚障害者が自分の耳疑うことなかなかないですよ!!」で爆発しましたね~。ポイント数はなんとまたも同点!視聴者投票でマツクラさんを上回り、見事決勝進出です!

紺野ぶるま(0ポイント)

去年は復活ステージで決勝の舞台に上がった、紺野ぶるまさん。
ネタの切り口が面白くて期待したんですけど、もう一つウケきれなかったですかねー。。「フリーのシステムエンジニア二人ぐらい挟んで二軍のサッカー選手」とか妙にリアルだ。笑 個人的には、ラストの「指輪は…もらっていいんかいな!?…これはこれで、もらっていいんかいなて!!」とかめちゃくちゃ笑いました。言い回し面白すぎる。笑 もっとウケてよさそうだったけどな~、、
ネタとは関係ありませんが、審査の得票数を逐一濱田祐太郎に耳打ちして教えてあげてたのがとても好印象でした!絶対ほんとは性格いいだろ!笑 こういう気づきができる人は良いですね~。

霜降り明星粗品(5ポイント)

せいやが散った後に登場した、霜降り明星粗品さん。
笑いの手数と量では一番だったんじゃないでしょうか!最初の「めちゃくちゃ長生きしてるやつおる!」からツカミましたね~。「あいだみつをこんなん言わんねん!(マラソンはただの移動)(コンビニの寿司はやめとけ)」シリーズ面白かったな~。めちゃくちゃ笑えたけど、よく考えたらツッコミかるたって絵の内容もツッコミも自分で考えて、後から頭文字つけてるんよなぁ、、って思うと何とも言えない気持ちになりました笑 IPPONグランプリの「このカルタの読みを教えてください」みたいなことだよなぁ。面白かったからいいけどね!

マツモトクラブ(8ポイント)

毎度ハートウォーミングなネタを見せてくれるマツモトクラブさん。
音響のセリフに合わせて芝居に参加する、という形のネタが多いですね~。この父ちゃん、かわいかったですねぇ。笑 息子の夢を応援していて、献立を常に気にしていて、酔っぱらうと息子とセッションして踊りだして。
爆笑する感じのネタではないのですが、芝居としてとても楽しくて心温まるネタでした。関根勤さんが3ポイント入れるのもわかるわ。
得票数では濱田祐太郎と引き分けましたが、お茶の間ポイント数で敗北し、惜しくも敗退。

ファイナルステージ

おぐ(4ポイント)

2ネタ目は、まさかの「ハゲの名は」のサイドストーリー!笑
1ネタ目でハゲに入り込んだ女子高生を演じたのにたいし、2ネタ目は女子高生に入り込んだハゲ笑「死なないでーーー!!絶対やばいだろこれ…!」
ネタの展開も1ネタ目のフリをなぞって伏線回収していくスタイル。「全然抜けない!」「(DVDの)趣味が合った!」2ネタ披露する、という大会の形式を存分に活かした構成になってましたね。単独ライブだったら最初と最後にやるやつだろうな。笑
ツカミは最高でしたが、ちょっと尻すぼみになったのか…?票数は伸びませんでした。序盤は今大会最高の盛り上がりだったし、チャンピオンあるぞ!っていう空気になってたんですがね…惜しかった!!

ゆりやんレトリィバァ(5ポイント)

2ネタ目は「お願いがあります…!」のあるあるネタ。
ゆりやん…相変わらず2ネタ目で変なの持ってきますね笑 世の中の人への「こういう行動やめてほしい」というあるあるネタの羅列かと思いきや、途中で急にキレキレのダンスパートに移るところは見どころがありました。
ただ核になるあるあるネタ自体のクオリティに当たりはずれがあった感じですかね。ラストのオチがあれだったのもちょっとなぁ…
今年も頂点には一歩届かず…!まぁゆりやんはネタ強いし、来年もきっと決勝まで来てくれるでしょう!

濱田祐太郎(12ポイント)

2ネタ目も「盲目あるある」的な漫談を披露した濱田祐太郎さん!
お茶の間得票67%はエグイですね…!点字ブロックのない通ってた盲学校に対する「何このスパルタ教育は」でかなり爆発してましたね。あのあたりで優勝ムード出始めた感じがします。
どうしても「目がほとんど見えない」というところが取り上げられがちですが、何気に今大会唯一のしゃべくり漫談でしたね。落語家である文枝師匠が1ネタ目でも2ネタ目でも3票投じてるし、しゃべり一本で勝負する漫談師として最高の評価を得られたんじゃないでしょうか。
R-1獲ったことで4/7(土)のENGEIグランドスラムにも出場することが決まりましたし、今年はTVでネタを見る機会が増えそうですね!これからの活躍に期待しています。おめでとうございます!!