キングオブコント2018 全ネタ感想&審査員コメント

キングオブコント2018!!
一組ずつネタの感想と審査員コメントを書いていきます。ネタバレ注意です!!



1stステージ

1.やさしいズ『爆弾』(419点) – 10位

トップバッターはやさしいズ!もっと高くてもよさそうだけどなぁ…!
周りに緊張緊張言われてましたけど、言うほどですかね…?自然に見えたけどなぁ。
「工業出てるんで」が良すぎましたね。あれがラストボケだったら最高でした。

松本(82点)「ボケの子が緊張しているのか本当に時限爆弾にビビッているのか…微妙にちょっとね。ちょっと間があれかなぁ…」
大竹(84点)「僕もちょっとした間とか…緊張が伝わってきてね」
三村(81点)「もうちょっと笑いの空気がすごいできあがってきた5番目ぐらいで見たかったチームなんですよ」
日村(87点)「僕はでも、特にこの坊主の方はすごいお芝居上手いし、良い間で、声もすごい良いし、目つきの悪い感じとかも、こういう人が売れるんだろうなって。いまのカラミみてても」
設楽(85点)「お話しっかりしてて。確かに一番なんで…みんなもそこまで点があげずらい。だからはっきり言うとトップバッターのネタじゃなかったんですよ」

2.マヂカルラブリー『傘』(443点)- 7位

M-1 2017で上沼さんにボコボコにされたマヂカルラブリー。漫才師としては死んだ(東野談)という彼らの本気コントです!笑 めちゃくちゃ面白かったです!笑
おじさんが「なんかループしてない?」って気づく所が最高でしたね。細かいところだけど「おじさんも不安だったんだ」のところが大好きです。

松本(88点)
大竹(90点)「ただあの最初ワキ汗が凄すぎて、気になっちゃって。ネタそのうち入って気になんなくなったんですけど。二人ともやっぱ上手いですね」
三村(85点)
日村(90点)「最初のループ入ってくるところらへんは我慢して我慢して、一発目のでっかい笑いが、やっぱ僕はこの得点だと思います」
設楽(90点)「ここじゃなくないでつかまれて、あそこからやっぱもう面白かったですね。いいとこ切り取ってコンパクトにまとめて良かったと思います」

3.ハナコ『犬』(464点)- 3位

結成4年目のトリオ、ハナコ!これはありそうで無かった設定のコントでしたね!
犬ってこんな感じだよな~っていうあるあると、妙におっさん感のある挙動とのギャップがとても面白かったです。誰が見ても楽しめそうなコントだ。

松本(93点)「なかなか達者だなあっていう感じはありましたね。やさしいズよりだいぶ面白かったですね」
大竹(94点)「や、もうほんとに犬だったんじゃないかぐらい。ただ最初犬がワキ汗…」
三村(90点)
日村(94点)
設楽(93点)

4.さらば青春の光『予備校』(463点)- 4位

個人的にはダントツ本命だったさらば。今年の2ネタも相当な仕上がりと聞いていましたが…惜しかったですね。。
去年の居酒屋コントが素晴らしすぎましたね。あれぐらいガンガン面白く展開していくネタを期待してしまっていたので、ちょっと物足りなさを感じてしまいました。。ツカミもよかったし「あの人に興味を持った人がここや」までの展開も面白かったんですが、、何かあとひとつ足りなかった印象。やっぱり個人的には「東ブクロに振り回される森田」の構図のネタの方が好きですね~。

松本(94点)「僕も一番高いかな。やさしいズより12ポイント…出て行った後の歩きの速度が面白いね。あれ僕一番好きですね。あれ以上早くても遅くてもだめやもんね」
大竹(94点)
三村(92点)「さらば青春の光は年々面白くなってるんで、今年は期待を込めて、決勝残ってほしいなと、一番高い点を」
日村(91点)
設楽(92点)

5.だーりんず『お会計』(437点)- 8位

振り返ると結構順位高かったですね。マヂカルラブリーより上なのか。。
船盛勧めだすところとかは面白かったです。が、パニックペイとかは作り物感というか…自然な流れじゃない感じが気になりました。決勝で見ると、他が良すぎていまいち印象に残らず。終わり方は一番好きかもでした。

松本(80点)「いやごめん、ごめんというかそっか…。まぁそうなんですけどね。ちょっとテンポが…あれなのかな。いつもより。そんな気がしてね、やさしいズより2ポイント下。でも思ったより差が出たね」
大竹(92点)「あのおじさんの感じ。あのおじさんがちょっと笑ってしまいました」
三村(92点)「これ僕最高点なんですけど、さらばと同じで。なんだろう僕と大竹しかウケてない部分が。俺ハマっちゃいましたね」
日村(85点)
設楽(88点)

6.チョコレートプラネット『ゲーム』(478点)- 1位

これは文句なしに面白かったですね!!話を全く聞かないという一点ボケでひたすら突き進むネタですが、見せ方のバリエーションが凄い。「群馬」「鈴木」「においは知らない」笑 見事にハマってましたね。松尾さんの「教えろ!!」の甲高いトーンも面白すぎる笑 もっと長尺でもずっと見ていられそうなネタでした。

松本(97点)「実際は96点ですけどね。面白かったから。97点つけましたよ今回。でも実際は96点。相当ちょっと、今日これを抜くコンビが出るかなっていう。出てほしいなっていう気持ちもありね」
大竹(98点)「いやぁ~出ましたね面白かったですね。ずっと笑っちゃったんです。犯人がハッハッで笑うところが好きです」
三村(97点)
日村(93点)「日村です。この、あえてかみ合わない芝居をずっとやれるって結構凄いと思いますね。それを狙ってやれてるっていうのは」
設楽(93点)「こういうひとつの、要は『言ってるのに聞かない』っていうもので突き進むネタとしては相当完成度凄いと思いますけどね。なんだかわかんなくてもずっと笑っちゃうっていうこっちも。凄いと思います。自分の中では最高得点です」

7.GAG『バー』(437点)- 8位

去年最下位だったGAG。セリフ回しとか毎回上手いんですけど、なんかどのコントも似た感じに見えてしまう。。
前回も絵面としゃべり方が綺麗じゃない感が苦手でしたが、今回は宮戸さんの女装に自信ある感と、福井さんの陰気ツッコミが苦手でした。。ネタによっては福井さんめちゃくちゃ好きなんですけどね~。

松本(90点)
大竹(92点)「そうですね、前半何見てんのかなって。何やってんの?みたいな感じで。徐々にハマっていきまして。後半思わず笑ってましたね」
三村(84点)
日村(84点)
設楽(87点)

8.わらふぢなるお『コンビニ』(468点)- 2位

去年惜しくも6位だったわらふぢなるお。今年もシンプルにいいコントでした!!
空質問を繰り返す、っていう一点張りでしたが、質問のくどさとなるおさんのカラッとしたツッコミのあんばいが絶妙だったと思います。これもまだまだ長尺でも見てられそうなネタでした。
2位は思ったより高かったですね。さらばはここで敗退…。

松本(95点)
大竹(96点)
三村(95点)「え、キングオブコントのですか。言いたいぐらいもうハマっちゃいましたね。ずっと笑っちゃいましたね、一回ハマっちゃうと」
日村(92点)
設楽(90点)

9.ロビンフット『年齢』(462点)- 5位

なんかすごく良い脚本でしたね。見た目の特徴は最低限に取り入れ、脚本のうまさで勝負しにいくようなネタでした。だんだん吊り上がっていく推定年齢、まさかの裏切り、松任谷(荒井)由美でのフィニッシュ。BGM使うのは若干ずるさを感じる方ですが、面白かったです!

松本(96点)「そうですね、僕は面白かったですよ。96でチョコプラは97点なんで1点差なんですけど、でもチョコプラはホントは96なんで。同率…。あぁーそうか、もう一本ちょっと見たかったな~。ちょっとロビンフットってコンビ名は腹立つけどね。全然違うけどねロビンフット。なんかきちゃないやん。自分きちゃないからさ。全然ロビンフットじゃないやん。ロビンフットてもうちょい少年のね。自分きちゃないやん」
大竹(92点)
三村(89点)
日村(93点)
設楽(92点)

10.ザ・ギース『サイコメトラー』(458点)- 6位

ギースのコントの発想にはいつも驚かされます。どうやって思いついてるのやら。。
前半の製造工程にハマっていくところだけでも十分面白いのですが、その仕掛けを利用したあのラスト!最高でした。相当印象に残るし笑ったのですが、結果は6位。もっと上でもよさそうですが、じゃあどこより上かと言われると、、。7位より上はちょっとレベル高いですね。

松本(92点)
大竹(93点)
三村(91点)「やっぱりね、刑事さんが犯人じゃない方がいいかなって」
日村(90点)「これで決勝いけないっていうのは相当レベル高いな今回って正直思ってます。面白いんですけどね。他も超面白いだけに残念だなって」
設楽(92点)

1stステージ順位

1位 チョコレートプラネット(478点)
2位 わらふぢなるお(468点)
3位 ハナコ(464点)
— 脱落 —
4位 さらば青春の光(463点)
5位 ロビンフット(462点)
6位 ザ・ギース(458点)
7位 マヂカルラブリー(443点)
8位 だーりんず(437点)
8位 GAG(437点)
10位 やさしいズ(419点)




ファイナルステージ

1.ハナコ『捕まえて』(472点)- 1位 合計936点

二本目もいいコントでした!ただずっと追いつけないネタかと思いきや…やっぱりそうではあるのですが、捕まらない大喜利が普通に面白かったです笑 ラストの「女子むずーっ!」で綺麗に終わるネタでした。ストーリーは謎ではあるのですが、完全に謎投げっぱなしという感じでもないまとめ方が良かったです。にしても設楽さんの点高いな!

松本(95点)「いやでも設楽さんが言う通り、4年目でこのレベルはなかなかですよね。もし今回優勝なかってもこの先の将来が相当期待できるよね」
大竹(96点)「そうですね、やっぱ面白いですね。ただあの眼鏡の…いらねんじゃないかって」
三村(90点)「僕はね一本目の犬の方がなんか好きだったんで。なんか途中からよくわかんなくなっちゃって」
日村(94点)「見ててワクワクが止まらないっていうか。どうなっていくんだこの話っていうのがホント面白い」
設楽(97点)「ちょっと思った以上にハナコやばいと思います。相当面白い」

2.わらふぢなるお『能力』(454点)- 2位 922点

う~ん、、わらふぢなるお、もっといいネタ持ってるはずだけどな…!馬鹿馬鹿しさにハマればハネにハネそうなネタではありますが、あまり会場が求めている雰囲気じゃなかった感ありますね。
わらふぢなるおは会話が面白いコンビだと思うので、ああいう突飛なネタよりリアリティがある中でやり取りで笑いを取ってくネタの方が好きです。残念ながらここで敗退。他のネタだったらどうだったろう…!

松本(90点)「チンピラみたいな人が、サラリーマンの人に出会って変な目にあって、かわいそやなって」
大竹(93点)「思わず笑ってしまう場面いくつかあるんですけど、僕も三村さんと一緒でこれリハーサルかなって…なんか遊んでるとこっていうか、少しそんな感じのもったいない感じありましたけど」
三村(89点)「途中家で二人でやってんのかなって思う…二人で楽しんでる感じがあったんで。俺だけ取り残されてるのかなみたいな」
日村(89点)「後半どんどん面白くなってきただけに、もうちょっと早めにつかみきれればなって」
設楽(93点)「二人ってやっぱバランスがすごく見てていいし、コントの切り口もいいから、変わらないぐらいのネタだと思うので」

3.チョコレートプラネット『意識高い棟梁』(440点)- 3位 918点

やっっちまいましたね……!!この点差でまさかのロッチパターン。。しかもわらふぢに抜かれて3位。。面白いネタいっぱい持ってるのになぁ…!
意識高い大喜利がちょっとハマらなかったですね。道具のボケとして見せたいポイントがちょっとわかりにくかった感が。びっくりすればいいのか、全然実用的じゃないやん、なのか…。流れも一応あるのですが、繋がって笑いが積み重なっていく感じじゃなかったですしね。あぁーー本当にもったいない!優勝目前だったのに!!

松本(84点)「ちょっとチョコプラは小道具に頼りすぎたというかね。だからやさしいズより2点しか勝ってない」
大竹(88点)
三村(88点)
日村(90点)
設楽(90点)「ハネろハネろって思いながら見てました。だからもっといけば!っていうもうほんと指かかった状態だったと思うんですけど。でもハナコちょっと俺すごいと思いましたね。俺もっともっとコント見たい。あと今一番泣いてる菊田くん?テレビ出るときの出方間違えないでほしい。性格をもっと良くしてほしい」

ファイナルステージ結果

優勝 ハナコ(936点)
準優勝 わらふぢなるお(922点)
3位 チョコレートプラネット(918点)

総評

個人的に好きだったコントは、
1位 チョコレートプラネット『ゲーム』
2位 ハナコ『犬』
3位 ザ・ギース『サイコメトラー』
4位 さらば青春の光『予備校』
5位 わらふぢなるお『コンビニ』
でした。